社長挨拶

◆  案内

◆  案内

◆  案内

◆  案内

◆  案内

 ご 挨 拶

 代表取締役社長 小笠原 忍

 日頃より、お客様、社員とご家族の皆様、株主の皆様、そして当社をご支援いただいている多くの皆様には、心より感謝申し上げます。

社員の皆様には日々の業務、安全活動に励んでいただき、誠にありがとうございます。

 

 近い将来、日本は人口減や少子高齢社会を迎え、それに伴い、経済力や国際競争力の低下など短期間では解決のできない問題を抱ようとしています。
政治においては、様々な党が乱立する中、前回行なわれた衆議院議員の総選挙に続き、7月には参議院選挙があり、社会、企業、国民からの評価を問われるところですが、期待したいところです。しかし、世の中がすぐに良くなる訳ではありません。
国も会社も個人も将来をより良いものにしたいと願うなら、よく学び、よく働き、仲良く分けあうことが必要です。
それぞれエゴがあり、難しいことですがやって行かねばなりません。

 昨年、当社は厳しい戦いを強いられました。
デフレ経済が続き、お客様からの値下げの要求や同業他社との競争のなかで、売上を伸ばすことがでたのは、社員育成と設備の更新を常日頃から推進させてきた結果です。
これまで30年以上に亘り社員教育を中心として学んできたことは、当社にとっては大きな力であり、もっと自信を持って推進させ、厳しい時期だからといって縮こまるのではなく、今だからこそ学んでいることを基にして、社員一丸となって考え、行動に移していきたいと考えています。

 会社としての明るいニュースは、新事業として3月から三好支店の屋根に太陽光発電の設備を置いています。新しいことに取り組むことは勇気のいることですが、電力会社の買上げで価格が保証されているため、設備投資の回収も比較的安全であり、決定しました。また、太陽光パネルを設置する仕事にも取り組んでいます。
物流部門に加え、新たなサービス部門を育てることで、より一層の成長を図っていこうとするものです。社員の皆様の協力をお願いします。
 
 今後も物流業界は益々厳しさが予測されます。
エゴを出来るだけ小さくして今以上に学び、知恵を出し合い、力を合わせ勇氣を出して前進していきましょう。
それ以外に自分たちを守る方法はありません。この年を自分と家族と大宝のために、事故の無い明るい良い年にしていきましょう。
 最後になりましたが、皆様のご多幸を心より念じています。


大宝運輸株式会社(名証2部上場)

Taiho Transportation Co.,Ltd

本社:名古屋市中区金山5丁目3番17号 TEL052-871-5831(代)