トラック横乗り研修部門

研修センターの指導員の方に横乗りをしていただき、自分では氣づきにくい運転の癖や改善点などを指摘していただきました。

  

犬山支店 坪内 健 (つぼうち けん)

 今回研修に参画し、自分の普段の運転を今一度見直すことが出来ました。

その中で2つ注意すべき点を見つけました。

1つ目は、左折時にトラックを左に寄せるのですが、いざハンドルを切って左折する時に、左側が氣になりハンドルを少し右に切ってしまうクセがあるという点です。

もう1つは、一旦停止の表示がある場所で、一旦停止する前に左右の確認を早くしてしまうクセがあるという点です。

確実に一旦停止をしてから、左右の確認をすることが大事だと教えて頂きました。

物流フェスティバルが終わり、普段の業務に戻ってからは、一旦停止の表示のある場所では止まってから確実に確認するよう意識しています。

指摘して頂いたことを忘れずに、今後も無事故に繋げてゆきます。


 

四日市支店 吉田 英明 (よしだ ひであき)

 各支店から参画された方々のバック運転を見ていて、とても上手いなと感じました。

しかし、今年になってバック運転による事故が多発しているという現状からは、運転技術の上手下手ではなく、状況の変化に氣付く事が事故防止に繋がってゆくと思います。

当日、3t車の運転研修の時は、四日市支店の後藤係長に横に乗って頂きました。

その緊張もあり、運転中に右からトラックが来た時、驚いたあまりに左前方のパイロンをひっかけてしまい、速攻で係長に「ごめんなさい」と叫びました。

目標としては、自分のリズムの変化に氣付き、運転に活かしたいと思います。

色々な体験が出来て、面白い研修でした。


トラック運転研修部門

昨年度起こした交通事故10件のうち、6件が後突によるものだったため、バック時の危険箇所などに重点を置いて行ないました。

 

金山支店 日比野 秀行 (ひびの ひでゆき)

 過去に10数回ほど物流フェスティバルに参画させて頂いていますが、一度、横乗り研修に参画した以外は、全て点検研修でした。

今回で2回目の運転研修となったので最初は随分緊張したように思います。

「トラックの運転は常に適度な緊張感を持って」とはよく耳にしますが、良い緊張と悪い緊張の2種類があると思います。

程良い緊張感は必要ですが、例えば時間に追われたり、無知による焦り等は悪い緊張感を生み、ミスに繋がります。

今回の研修では2度のミスを犯しましたが、常日頃からの行動を見直す良い機会になりました。

後半の講習では車輌(3t、4t)の死角について教えて頂きましたが、3tの方が死角が多いことに改めて氣付かされ、驚きと同時に安全確認の重要性を再確認しました。


 

三好支店 山田 宇彦 (やまだ たかひこ)

 今回の研修で、改めてバック走行における怖さについて氣づくことが出来ました。

普段行っている自分自身の行動と今回の研修での違いについても、横乗りして頂いた方からご指摘やご指導を頂く中で見直すことが出来ました。

安全にバックするには必ず一旦下車した上で、後方に人や物がない事を自分の目で確認することが大切だと改めて強く感じました。

またバックカメラ装着車においては、カメラに映らない部分、特に上部は見えにくい為、バックカメラに頼りきらない事も大切です。

常に自分自身がどのような状態や状況でバックするのか、また駐車する位置等を確認し、落ち着いて行うことが大切だと考えます。

自分の都合を優先しがちな部分もありますが、基本動作を忘れずに行動してゆきます。



リフト・倉庫研修部門

昨年度、年間を通じてリフト作業による商品事故が多かったため、どうしたら改善できるのかに主眼を置き、考えられる危険箇所(コース)をつくり、何が危険なのか1つひとつ丁寧に検証しながら行ないました。

  

西春支店 小山 大介 (こやま だいすけ)

 大宝運輸に入社してから早2年経ち、物流フェスティバルにも2回目の参画となりました。

昨年は運転研修に参画しましたが、今年はフォークリフト研修に参画しました。

昨年もいろいろなお話を聴かせて頂き勉強になりましたが、今年もたくさんの発見がありました。荷下ろしの際に、自分の目の前の荷物にしか集中しておらず、反対側の荷物が自分側へ寄りかかってしまっていることに氣付かず、そのまま荷下ろししてしまい、荷物が倒れてきました。

 今回を機に目の前の事だけでなく、周囲にも充分注意しながら作業をしてゆきたいと思います。

貴重な体験をさせて頂き、ありがとうございました。


 

四日市支店 磯部 寛 (いそべ ひろし)

 最近はあまりフォークリフトに乗る機会がなく、久しぶりだったので少し緊張しました。

いつも思うのですが、物流フェスティバルに参画すると、初心を思い出し、免許証を取得しトラックに乗り始めた頃の氣持ちはどうだったのか、ということを再確認できます。

 そして今回のリフト講習で、やはり基本動作を覚えておらず、他の人がしているのを見て思い出すことがたくさんありました。

具体的には、乗る前にリフトの周りを一周する、リフト操作時にはサイドブレーキをかけ足を離す、指差し確認をする、等です。
 今一度初心に返り、今回学んだことを今後の安全活動に活かし、無事故に繋げてゆきます。


 

大高支店 加藤 輝彦 (かとう てるひこ)

 今回、リフト・倉庫研修を受講し勉強になったことは、自分の至らない所がわかったことです。

いつも、荷物を上げ下げする際はブレーキペダルだけを踏んでいましたが、サイドブレーキも掛けた上で作業を行っていた人もいて、自分は安全意識に欠けているなと思いました。

もし咄嗟に何か起きた場合、ブレーキペダルだけでは、足を離してしまったらリフトが動いてしまい、商品事故等を引き起こしてしまうかもしれませんが、サイドブレーキも掛けていれば事故を防ぐことが出来ます。

 他の方の運転を見学してみると、良い所や悪い所が見え、とても勉強になりました。



車輌点検部門

車輌部の皆さんが講師となり、路上故障など、いざという時の対処法や、車輌部に正しく状況説明ができるよう、改めて基本知識を学びました。

 

西春支店 佐藤 弘康 (さとう ひろやす)

  今回の修理実技は、指導員の方が部品の名称を言い、その部品がどの場所にあるのかを答えるという形式で進められました。

ある程度分かるものから初めて耳にする部品もあり、難しかったです。

出来れば試験終了後に、答え合わせをしてもらえると良いなと思いました。また後半の座学ではバッテリーの交換の仕方や、バッテリーの構造を教えて頂きました。

現在、大宝運輸で発生している路上故障の大半は、バッテリー上がりという事なので、バッテリーの異変に早く氣付けるよう、また車輌全体の調子も氣に掛けてゆきます。


 

岡崎支店 矢内 良忠 (やうち よしただ)

 私は今年の5月より乗務職員としてトラックに乗務しています。

物流フェスティバルは今回が初めての参画になります。

車輛部の方の指導の下、車輛点検を行いました。

私は乗務職員になる前は、主に機械配送の助士として業務をしてきました。

振り返ってみると、トラックの事や運転の事は乗務職員さん任せで、ほとんど他人事のように考えていました。
 今回、フェスティバルでの車輛点検を通じて、トラックの事だけでなく、その先の安全に対しても向き合うことが出来た1日だったと思います。
 岡崎支店では、毎日の朝礼で車輛点検を取り入れています。

自分自身を守る為にも、身を入れて点検し出発します。


 

春日井支店 三品 源成 (みしな もとなり)

 今回車輌点検に参画して、改めて点検箇所の正しい確認の仕方等を勉強させて頂きました。

やはり間違った確認の仕方や確認不足があると危険へと繋がるので、日常点検をしっかり実践してゆきたいと思います。

座学では主にバッテリーについて学びましたが、バッテリー本体の仕組み等、まだまだ知らなかったこともありましたし、扱い方を間違えると大変危険であることを改めて感じました。

今回学んだことを日常の業務や安全活動に活かしてゆき、路上故障等の防止に努めてゆきます。



事務職員研修部門

日頃の請求業務や支払い業務、総務関連業務などを、より円滑にミスなく行なってゆくために、事前に質問事項などのアンケートを実施し、当日に回答してゆくスタイルで実施しました。

 

名南支店 木村 花梨 (きむら かりん)

 事務職員研修の流れは、事前に参加者から募った質問に対し、情報システム室部門、経理部門、総務部門の各担当者が回答していくといったものでした。

私は入社して2ヶ月あまりで、未だ理解の追い付いていない業務が多々ある中で、ひとまず作業的に覚えていたことの理屈を知ることが出来たり、他支店の方々の業務について知る機会にもなり、とても有意義な時間であったと思います。

一方的に勉強させていただくばかりでしたが、ここで学んだことを活かし日々の業務に取り組んでゆきます。


 

犬山支店 宮地 善明 (みやち よしあき)

 今回の事務職員研修では、事前アンケートが実施され、普段から疑問に思っていた事、聞きたい事を質問して、参画者の質問とそれに対する回答を資料として配布してもらい、当日の研修時間に本社の担当者の方に答えてもらうという形式で行われました。

やることがはっきりし、進行がスムーズだった点が最もよかったです。
 他の人の質問内容を見ると、普段は何も氣にせずにしていたことが疑問として挙げられていて、思わぬところで氣付かされる事が多々ありました。
 仕事上での疑問が解け、大分モヤモヤしていたことがすっきりしたので、氣付いただけで終わらせるのではなく、行動に移して今後の自分の仕事に活かして行けたらと思います。


乗務職員研修部門

今回のテーマ「事故事例を教訓に年間目標を達成しよう」に沿って、小グループでの討議を行ない、個人と組織の問題点と課題を明らかにしました。

 

大高支店 栗城 康子 (くりき やすこ)

 この研修では、自ら発信し、そこから自分と他者を理解し、少しでも緊張や不安を取り除いた状態で業務が出来る環境を作ろうというテーマで行われました。

ほとんど初対面の方との研修で、緊張しながら自己紹介をし、自分について、そして他者についてどう思っているかを具体的な項目として書き出しました。

それを見て、自分の悪い所は直し、他の方の良い所は真似してゆこうと思いました。

研修の後半では各支店周辺の地図を用いて、危険個所にはシールを貼り、どのような危険があるか、過去にはどんな事故があったのかを発表し合いました。

数多くのシールを見て、改めて交通ルールは守るべきであると感じました。

命に係わる職業です。

心身ともに今一度自分の見直しと、交通ルールの見直しを皆さんも考えてください。


 

三好支店 大瀧 剛瑠 (おおたき たける)

 乗務職員になって2度目の物流フェスティバルは、前回とは違い、自分の事を他支店の皆さんに知ってもらう機会となりました。
 父と同じ仕事を選び、働いていく中で、この先どんな事に氣を付けていくべきか、考え直す機会となりました。
 人から見た自分は、大人しく自己表現が苦手に見えるようですが、自分では短氣で頑固だと思っています。
 今後は短氣な性格をコントロールしつつ、たくさんの人と接し、表現を豊かにしてゆきたいと思っています。


運行管理者試験対策研修部門

今年の運行管理者試験を受験される職員を対象に、試験のポイントや運行管理者としての仕事や心構えを学びました。

   

金山支店 藤目 恭也 (ふじめ やすなり)

 今年8月に受験するため、受講させていただきました。

名南支店の久保田さんが傾向と対策をテーマに、経験も含めて講義してくださいました。全く勉強していなかったので、1つひとつが新鮮で本当に勉強になりました。

運行管理者試験は出題されるパターンがある程度決まっているため、過去問題をしっかり繰り返し勉強すれば、十分に合格出来る可能性があるそうです。

ただやみくもにやるのではなく、ポイント(用語や数字)を押さえ集中的にやると良いそうです。

結果を出した久保田さんだからこそ出来る、本当にわかりやすい解説でした。

大切なところを上杉課長や松井支店長にフォローしていただき、よりわかりやすく感じました。

本当にありがとうございました。


   

岡崎支店 近藤 伸也 (こんどう のぶや)

 私は20年程乗務職員として業務しています。

今回の物流フェスティバルで受けた運行管理者試験対策研修は、これまでほとんど考えなかった事を改めて考えるきっかけになったと思います。
 難しい専門的な用語や法律などを見ていると、正直頭が混乱してしまうと感じましたが、逆に考えれば、そんな難しい用語や法律があるお陰で、私たちは日々安全に業務が出来ているのだと思いました。

大宝運輸にも沢山の運行管理者の方がみえます。

私たち乗務職員の日々の業務をサポートしてくださる皆さんに感謝して、日々安全に努めます。


 

健康管理研修部門

健康管理の大切さの観点から、改めて生活習慣病や高血圧になる原因を学び、日頃の生活習慣を見直し、改善してゆくことを目標に行ないました。

 

春日井支店 高木 良典 (たかぎ よしのり)

 今回の健康管理研修は、自分にとって大変意義のある研修でした。

なぜなら2年ほど前に、医師から「高血圧症」と診断され、ショックを受けた苦い想いがあったからです。

それが原因で会社を2週間ほど休み、仲間に大変迷惑を掛けてしまいました。

それを機に、35年以上吸っていたタバコを止め、減塩にも努めてきました。

しかし、いつの間にか減塩に関しては氣にしなくなっていました。

塩分チェックで19個以上の減点があったため、改めて氣を引き締めることが出来ました。

健康な体でなければ何も出来ないということを、改めて実感しました。


 

名南支店 太田 範幸 (おおた のりゆき)

 私達の色々な病気が、毎日の食生活に起因していることは頭では十分理解はしています。

しかし、何の自覚症状もない為、特に意識することもなく、大体好きな物を好きなだけ食べています。しかし、症状が出てしまってはある意味手遅れです。

なので、サイレント(もう一度)と言われたときは大変怖かったです。

以前、高血圧を経験し、当初は節制の毎日でした。しかし今では薬を飲んでいるという安心感から、あまり節制もしていません。

そんな時、支店で一人、そしてまた一人と入院する方が出てきました。

驚きと心配が一度にやってきました。今回の研修で講師の方に、「ビールは350p2缶から500p1缶に抑えてください」と言われ、守り続けています。

生活習慣を見直すきっかけを頂けたことに、感謝しています。