グリーンハンド通信

教育部課長 門田真理子 

GH通信4月

礼節をわきまえながら・・・・

・・・・面白く充実した一年にしてゆこう 


 友人は国会中継を見ているうちに、地毛かどうかの見分けが上手くなったと自慢していた。確かに、行政権の長が不都合なことは知らぬ存ぜぬ。証拠となる記録は改ざん隠蔽。国民が困窮しているとき、早々口にされる経済支援も、その財源を考えると、喜んでばかりはいられない。

矛盾を追及し問題解決に導くはずの側も、品のない野次や失言に、ことの本質よりも我欲と嫉妬が先行している。
 それぞれの目標を持ち新年度が始まった。

自分自身も切磋琢磨し合える仲間も、一人では味わえない喜びや達成感を味わえる組織も、その礎となる信頼も、一朝一夕には生まれない。

相手を敬い慈しむ氣持ちと、自身の未熟さに対する畏れと謙虚さが必要だ。

また、一定の厳しさや葛藤の中から学び身につけてゆくものがある。

礼節をわきまえながら、お互いの役割を果たすことに精を出し、面白く充実した一年にしてゆこう


HOME 前に戻る