すぽっとらいと

2019年6月

夢志記

「見失ってはいけないもの」

春日井支店課長 酒井 貴広


 早いもので入社し23年が経つ。

こうして大宝運輸で元氣に働いていられるのは、これまで出会った上司、先輩、仲間のお陰だ。様々な場面で戴いた言葉は、今の自分と私の人生に大きく影響している。
 私は20代後半に、頭に負った怪我の後遺症が原因でトラックに乗務できなくなった。

当時の支店長から配車業務を勧められ、自分でもこの会社が好きだったので挑戦してみたが、足りないことが多くて何度も壁にぶち当たり挫けそうになった。
 そんな中で迎えた数年後の誕生日に「過去のことや今更どうしようもないことで、あれこれ悩んで小さくまとまるよりも、何かを変えるために考える力と行動を起こす勇氣を身に付けよう」というメッセージを戴いた。

この言葉は、まだこんな自分でも人の役に立てる可能性があるかもしれない、そう前向きな自信を持つきっかけになった。
 そして今は、誰かの役に立つことで自分の存在意義が感じられ、それが前向きにもの事を考える原動力になることを、後輩に伝えられるようになった。

他にも支店の先輩方から多くの教訓を戴いた。

先輩からは「おまえはいつも大事な部分を忘れとる」と叱られるかもしれないが、心に刻み大切にしていることは、春日井支店の安全委員に自分の言葉で伝えてゆくので見ていて欲しい。
 今年度、課長という役割を戴いている。

少しでも誰かにプラスの影響を与え、役割に見合った言動がとれるよう修行してゆく。


HOME  前に戻る