すぽっとらいと

2022年11月

夢志記

 「初心を貫く」

岡崎支店 小泉 旨弘


  子供の頃から怒りっぽい性格で、すぐ感情的になり周囲の人達と揉めることが多かった。社会に出てからも、その性格を直そうと思うことはなく、性格の合わない仲間と衝突することが多々あった。
 大宝運輸に入社し、今までの自身の行いを反省し、冷静な対応を心掛けようと心に誓った。その一環として、何を言われても笑顔で返す事で感情を抑え、自身の性格を周囲に悟られないようにしていた。

 しかし職場の環境に慣れてくると徐々に本来の性格が表れ、思うようにならない事があると周囲に威圧的な態度をとるようになった。

無論、仲間との信頼関係が構築できず、自身の考え方や言動に限界を感じ始めていた。
そんな時、交通事故を起こした。
あっては成らない事だが、自身の考えを見直すきっかけとなった。
些細な事で怒りの感情がこみ上げる理由が長らく理解できずにいたが、威圧的になることで、周りに踏みこませず、中身の無いことを悟られないようにするための鎧であることを氣づかされた。

表面的に取り繕うのではなく、中身を変えるための学びと努力の大切さが少し分かるようになり、考え方の変化が実感できるようになると些細な事で怒ることも少なくなった。

傲慢で謙虚さが足りない自身が、真に考え方を変えてゆくことは容易ではないが、仲間から信頼され必要とされるよう、初心を忘れず人間性を高める努力を続けてゆく。
     


HOME  前に戻る